ツチスドリ

Magpie Lark
Grallina cyanoleuca

■分布:北西部の砂漠やタスマニアを除きオーストラリア全土に普通。ニューギニア南部にも見られる。 ■生態:人間に近いところに棲む。
  (Wikipediaより)

探鳥記
■2013-9-27 アサートン台地
 本種の雌雄の違いは、他の鳥のように雄がきらびやかなのと異なって、黒模様の一部が縦(雌)と横(雄)の差である。興味深い。

■2013-9-22 センテナリー公園
 後にどこにでも居ることが分かったが、最初に見ると印象的な白黒の鳥である。

主要更新
◇'13-10-6:本欄新設
■2019-11-29 (ハーズマン湖/オーストラリア)  (Lumix100-300/E-M1mk2(420mm相当))  面積削減なし。


■2013-9-27 ♂ (アサートン台地/オーストラリア)  (Nik80-400/D7100(600mm相当))  面積削減、上:1/4、下:1/6。


   ♂    (Nik80-400/D7100(600mm相当))  面積1/3に削減。

・9-22 ♂ (センテナリー公園/ケアンズ/オーストラリア)  (Nik540/D7100(750mm相当))  面積1/2に削減。

   ♀ (Nik80-400/D7100(600mm相当))  面積1/4に削減。


   ♂ (Nik80-400/D7100(600mm相当))  面積1/4に削減。



Copyright © 2020 woodpecker.me