オーストンヤマガラ

Varied Tit (sub)
Parus varius owstoni

■分布:八丈島、御蔵島、三宅島の固有亜種
(Wikipediaより)
■8亜種:
P. v. amamii(アマミヤマガラ) 沖縄本島
P. v. oriiダイトウヤマガラ)大東諸島:絶滅
P. v. castaneoventrisタイワンヤマガラ) 台湾
P. v. namiyeiナミエヤマガラ) 神津島、新島、利島の固有亜種
P. v. olivaceusオリイヤマガラ) 石垣・西表島の固有亜種
P. v. owstoniオーストンヤマガラ) 八丈島、御蔵島、三宅島の固有亜種
P. v. variusヤマガラ) 大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国、日本(北海道、本州、四国、九州、伊豆大島、佐渡島、五島列島)
(Wikipediaより)

探鳥記
■2014-6-8 アカコッコ館/三宅島
 水辺に来たのは幼鳥と思われ、シジュウカラの幼鳥と識別に迷った。

主要更新
◇'14-6-12: 本欄新設
■2014-6-11  (大路池/三宅島)   <Nikkor540/D7100(1050mm相当)>  面積1/8に削減。



■2014-6-10  (大路池/三宅島)   <Nikkor540/D7100(1050mm相当)>  面積1/8に削減。



 幼鳥 ■2014-6-11  (大路池/三宅島)   <Nikkor540/D7100(1050mm相当)>  面積1/8に削減。



HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me