ウミスズメ

Ancient Murrelet
Synthliboramphus antiquus

■分布:チシマ、サハリン、沿海州、アリューシャン列島、アラスカ南岸で繁殖。
  日本では北海道天売島、岩手県三貫島で繁殖。冬季は北海道、本州、伊豆諸島、九州北部それぞれの沿岸で見られる。北海道沿岸では夏でも見られる。
■生息地:海上。
■北海道東部で見られる時期:
   @ABCDEFGHIJK

探鳥記
■2015-4-30 酒田ー飛島航路
 洋上遠方ではミズナギドリ類の区別はつかないが、このような小型の海鳥はウミスズメ類と推定できる。カンムリウミスズメなら望外の喜びであろうが、そうは問屋が卸さないだろう。

■2011-12-22 歯舞沖
 かわいいウミスズメに遇いたいと思っていた。船は揺れたがそれでは船酔いはしない。
 ファインダーを覗いて鳥影を捕らえようとするといっぺんに気持ち悪くなる。酔いは目から来ることはよく知られている。自分をだましだまし撮影するのでなかなかよい写真が撮れない。

主要更新
◇'10-12-28: 本欄新設
■2021-3-27 (岩手県沖/苫小牧大-洗航路) (M.Zuiko150-400/E-M1X(800mm相当)) 面積1/32に削減。


■2015-4-30 (酒田ー飛島航路)  (Nik340PF/1.4X/D7200(630mm相当)) 面積1/32に削減。


■2012-3-14  (歯舞沖/北海道)  (Nik340/1.7X/D7000(765mm相当)) 面積1/16に削減。


■2011-12-26  (納沙布岬/北海道)   (デジスコ:TSN884/TE17W/10-20/V1(2430mm相当))  面積1/4に削減。


■2011-12-22  (歯舞沖/北海道)  (Sig50-500/K-5(750mm相当)) 面積1/8に削減。



Copyright © 2020 woodpecker.me