アンデスカモメ

Andean Gull
Larus serranus

■分布:アルゼンチン、ボリビア、チリー、コロンビア、エクアドル、ペルー。
■生態:通常3000m以下には棲まない。そこでは河川、真水の湖、塩水沼地、牧草地で見られる。草地で昆虫、ミミズなどを餌とする。
(Wikipediaより)

探鳥記
■2013-4-27
 アンティサナ国立公園の草原に2,30羽いた。標高約4200mである。友人K.K氏から聞いていたので特にびっくりはしなかったが、不思議な気持ちは変わらない。

 海に棲むと思われるカモメが何故こんな高所に居るのか。標高3810mのチチカカ湖にその答えはあるのか?

 チチカカ湖はかつて海の底だった。それが隆起し、湖には海水魚が取り残されたそうである。

 それと同じようにカモメも連れてこられたのかどうか。まあ、この推論は間違いだろう。

主要更新
◇ '13-6-5 本欄新設
■2013-4-27 (アンティサナ/エクアドル)  <Nikkor540/D7100(750mm相当)> 面積削減、上から1/4,1/6,1/8,1/3,1/2。





HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me