カササギフエガラス

Australian Magpie
Gymnorhina tibicen

■分布:ニューギニア、オーストラリア、タスマニア島。
■生息地:草原、農耕地、都市周辺など。
■食物:小動物、昆虫類、穀物など。

探鳥記
■2004-4-14 アデレード 
 公園で最初見たときは、なんて目立つ鳥だろうとの印象だった。その時、同じような鳥が日本にいることを知らなかったから、珍しい物を記録するような気持ちで撮影した。 
 その他、都市公園の野鳥はどこでも比較的人間を恐れないから近くまで寄れるが、それでも10m程度までだった。

主要更新
◇'10-4-3:本欄新設
■2019-12-8 (キングズパーク/オーストラリア)  (Lumix100-300/E-M1mk2(600mm相当))  面積削減、上から2/3,無し,1/4。


      (M.Zuiko340/1.4X/E-M1X(840mm相当))  面積で1/4に削減。

 ・12-4 (スターリングレンジ国立公園/オーストラリア)  (M.Zuiko340/1.4X/E-M1X(840mm相当))  面積削減、上:1/2、下:1/4。


 ・11-29 (ジョーンダラップ湖/オーストラリア)  (Lumix100-300/E-M1mk2(600mm相当))  面積削減なし。

 ・11-28 (ハーズマン湖/オーストラリア)  (Lumix100-300/E-M1mk2(600mm相当))  面積で1/2に削減。 <子育て中>


■2013-9-26 (ケアンズ近郊/オーストラリア)  (Nik540/D7100(750mm相当))面積xxに削減。




■2004-4-14  (アデレード、オーストラリア)  (DA16-45mm / *istD(70mm相当))面積削減、上から 1/4,1/8,なし。





Copyright © 2020 woodpecker.me