ギンパラ

Black-headed Munia
Lonchura malacca

■分布:東南アジア(インド、スリランカ、ベトナム、マレーシア、インドネシア)に分布する留鳥。
 日本では外来種で、1968年に神奈川県で発見され、以降留鳥として生息している。愛玩用に持ち込まれたものが野生化したものと考えられている。
■生態:草地など明るい茂みを好み、イネ科植物の種子を好んで食べる。熱帯低地の湿潤な森林でも見られる。

探鳥記
■2017-2-5 スリランカ
 最初見たときはデジャブと思った。しかし、キンパラは二種類撮っているがギンパラは初めてである。

主要更新
◇'17-2-23:本欄新設
■2017-2-5 (ヤーラ国立公園/スリランカ) <Tamron150-600G2/D500(900mm相当))> 面積削減、上から2/3x4,1/4。






HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me