コクチョウ

Black Swan
Cygnus atratus

■分布:オーストラリアに生息する固有種。内陸部の乾燥地帯と、ヨーク岬半島を除く全土に生息している。
 オオハクチョウなどのように渡りを行わず、季節や環境の変化により移動を行う漂鳥である。オーストラリア唯一の固有のハクチョウ属であるが、コブハクチョウが移入されている。西オーストラリア州の州の鳥。またニュージーランドに移入されている。
 日本では公園や庭園でよく飼われており、逃げ出したものが野外で観測されることもある。
■生息場所:食性は草食性で、主に水草を食べる。また、水辺に近い場所や陸上でも、採食することがある。
 乾燥期に湖沼の水が少なくなると水を求め、数百羽の群れになり移動を行う。夜間飛翔することが多い。(Wikipediaより)

探鳥記
■2015-9-6 千波湖/茨城県
 水戸近辺の歴史探訪の途中、寄ってみた。市街地の中の小さな湖でコブハクチョウが20羽程度いたが、コクチョウも10羽前後泳いでいた。
 餌を貰いにだろうか、岸辺の私に近づいてきた。ふと見ると尾羽の先に少し白い羽があるのがわかった。

 そのうち遠方のコクチョウ飛び立ったので眺めたら、羽の半分が白かった。コクチョウに大きな白い羽の部分があるとはつゆ知らなかった。

 何羽か飛びさったので、風切りばねは切除されていないようだった。
オーストラリアの固有種であり、季節や環境の変化により移動を行う漂鳥である。餌があれば居ついてしまうのが習いなのかもしれない。

■2013-9-27 ミッチェル湖
 ようやく自然の中のコクチョウを見ることができた。つやつやと黒光りする体は見事である。

■2004-4-14
 餌を与えている放し飼いと思われる。嘴の先端の絆創膏状の白い帯は固有の模様。

主要更新
◇'10-4-7:本欄新設
■2019-12-9  (トマト湖/オーストラリア)  (Lumix100-300/E-M1mk2(上:600、下:240mm相当))  面積削減、上から3/4,2/3。


 ・12-7  (プーラグーン湖/オーストラリア)  (M.Zuiko340/1.4X/E-M1X(840mm相当))  面積削減なし。

 ・11-28  (ハーズマン湖/オーストラリア)  (Lumix100-300/E-M1mk2(600mm相当))  面積で1/4に削減。


■2015-9-6 (千波湖/茨城県)  (Tam16-300/D7100(450mm相当)) 面積削減、上:2/3,下:1/6。



■2013-9-27 (ミッチェル湖/オーストラリア)  (Nik540/D7100(750mm相当)) 面積削減、上から1/4,1/8,1/6。




■2010-10-8 (バードパーク/シンガポール) (Pen55-300/K-7> 削減なし。


■2004-4-14 (アデレード、オーストラリア)  (@85mm/ *istD(130mm相当)) 削減なし。


Copyright © 2020 woodpecker.me