コクガン

Brent Goose
Branta bernicla

■分布:ユーラシア大陸、北アメリカ、グリーンランドなどの極北部で繁殖し、西ヨーロッパおよび北アメリカの沿岸部、中国の渤海湾、朝鮮半島の沿岸部で越冬。 日本では冬鳥として主に北海道、東北地方に飛来。関東以西の本州、九州にも少数が定期的に飛来する場所がある。
■生息場所:内湾、岩礁海岸。他のガン類のように内陸の湖沼や農耕地に入ることは少ない。
■本州北部で見られる時期:
  @AB4・・・・・10JK

探鳥記
■2016-4-4 バンクバー
 遠方で海面すれすれに飛んでいく黒い雲のような集団があった。海面に降りるとまるで切れ目のない黒い帯となった。聞いてみれば何万羽というコクガンお群れだそうだ。納沙布岬に近づいたとき、トーサムポロ沼にかかる橋の途中で沼に 約30羽のコクガンを見つけた。

■2012-3-16
 納沙布岬に近づいたとき、トーサムポロ沼にかかる橋の途中で沼に 約30羽のコクガンを見つけた。

 橋の途中には止められないのでバックしたら、大半が飛び去り、あとに5羽が残った。 この5羽は近づいてくれたりしたので満足な写真が撮れた。

 コクガンは沖合にいることが多いと認識しているので望外の成果であった。ダンプが橋の上を通っても平気なのに、バックした小型乗用車に異常な気配を感じたのだろう。かなり警戒心が強いらしい。

■2012-3-14
 歯舞クルーズではコウミスズメ、ハシブトウミガラスを探した。そのほかの群れはなんとなく撮っていた。

 クロガモと思っていた群れの一つにこのコクガン6羽がいた。よくみるとチシマウガラスとおぼしきウが1羽混じっている。何となく目の周りが赤く、かつくちばしが白っぽい。

■2011-12-24
 今回の探鳥旅行の主な目標は、オオワシ、ユキホオジロ、ベニヒワ、コオリガモ、コクガンだった。野付半島の突端にいるとの情報で、砂浜を2km歩いて突端に到達した。ここでかなり遠くにいるのを見つけた。

主要更新
’11-12-28:本欄新設
■2016-4-4 (バンクーバー) 晴れ  <Nikkor540FL/TC14E3/D7200(1050mm相当)> 面積削減、上から1/4,1/6,1/8。




■2012-3-16  (トーサムポロ沼/根室市)  <Nikkor540/TC17E/D7000(1265mm相当)> 面積2/3に削減。




■2011-12-24  (野付半島/北海道)  <Pentax DA☆300/1.7xAF/K-5(765mm相当)> 面積削減、上:2/3、下:1/8。


    <デジスコ:TSN884/TE17W/10-30/V1(2430mm相当)> 面積1/4に削減。


HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2017 woodpecker.me