タイワンヒヨドリ

Brown-eared Bulbul
Hypsipetes amaurotis nagamichii

■分布:日本全土に留鳥として分布。北海道では冬季南方へ移動するものもいる。分布は日本周辺に限られ、国外は朝鮮半島南部、台湾、フィリピン北部。
■生息場所:平野から山地の林、人家周辺、農耕地。
■本州中部で見られる時期:
    @ABCDEFGHIJK
■野外で識別可能な亜種
・九州以北には亜種ヒヨドリH. a. amaurotis
・小笠原諸島には亜種オガサワラヒヨドリH. a. squameiceps
・火山列島には亜種ハシブトヒヨドリH. a. magnirosatris
・大東諸島には亜種ダイトウヒヨドリH. a. borodinonis
・奄美諸島には亜種アマミヒヨドリH. a. ogawae
・沖縄諸島、宮古諸島には亜種リュウキュウヒヨドリH. a. pryeri
・与那国島以外の八重山諸島には亜種イシガキヒヨドリH. a. stejnegeri
・与那国島には亜種タイワンヒヨドリH. a. nagamichiiが分布する。

 オガサワラヒヨドリ以下の7亜種は、亜種ヒヨドリに比べて羽色が全体に濃い傾向がある。

探鳥記
■2015-3-28 与那国島
 石垣島のヒヨドリは亜種イシガキヒヨドリと前もって知っていた。ところが、与那国はそれと同じとばかり思い込んでいたので、あまり真剣に撮らなかった。帰宅してから別亜種であると気がついて、まともな写真がないかもしれないと焦った。でもまあなんとか良い画像で安心した。

 よくよく見ると図鑑の説明にあるように、嘴が太めである。与那国は地理的には石垣や西表よりむしろ台湾に近いので、生物相も台湾に近いのかもしれない。

 本州のヒヨドリは渡りをするのに、これほど離島間で亜種が異なるのは不思議である。交雑しないとすれば、離島の亜種は渡りをしないのだろうか。

主要更新
◇'15-4-5:本欄新設
■2015-3-29 (与那国島) 薄曇り <Nikkor540/TC17E/D7100(1275mm相当)>  面積削減、上:2/3,下:1/2。



■2015-3-29 (与那国島) 薄曇り <Nikkor540/TC17E/D7100(1275mm相当)>  面積1/3に削減。




HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me