コウライキジ

Common Pheasant
Phasianus colchicus

■分布:ヨーロッパ中部から東アジアに分布。
 日本では留鳥として分布するが、北海道と対馬には元来分布せず、移入された亜種コウライキジP. c. karpowiが分布している(旧分類)。
■生息場所:平地から山地の草原、農耕地、林縁、河原。
■北海道で見られる時期:
  @ABCDEFGHIJK

■新分類:従来日本のキジとコウライキジは亜種関係とされてきたが、近年では別種とする説が有力でこちらを採用する。
 北海道には首に白い環のあるコウライキジしかいない。これらを区別するため、日本のキジをキジ、Green Pheasant Phasianus versicolor とする。(2013-7-4)

探鳥記
■2015-3-22 石垣島
 宿へ帰ろうと能動を流していたら見つかった。雄一羽に雌が二羽連れ添っていた。

■2013-7-1 苫小牧市
 農道で止まって探鳥していたら遠方に見つけた。距離にして300m以上はあっただろうか。少し近づいては撮影し、2,3回繰り返したが立ち去ってしまった。陽炎が立っていたのでいっそうひどい写真になった。それでも首に白い環があるのは分かる。
 一緒に旅行した友人K.K氏がこの1時間前に、より近距離で撮っているので、氏の好意に甘えてその写真を借用した。いつかまたここに来てよりよい写真を撮ろうと決心した。

主要更新
◇'13-7-4:本欄新設
■2015-3-22  (石垣島) <Nikkor540/TC17E/D7100(1275mm相当> 面積1/4に削減。






HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me