アジサシ

Common Tern
Sterna hirundo

■分布:ユーラシア中部以北、北アメリカ東部で繁殖し、アフリカ西部、インド、東南アジア、オーストラリア、南アフリカで越冬。
 日本では旅鳥として春と秋に全国の海岸で見られる。
■本州中部で見られる時期:
   ・・・・DE・GHI・・

探鳥記
■2018-6-16 ウランバートル
 ホテルのすぐ側に小さな小川が流れている。水の深さは40cmも無いように見えるが、ここに何羽かのアジサシが舞っている。図鑑を見るとアジア全域にいるようである。

■2011-6-6
 2,300羽のコアジサシのなかに、10羽前後の群れがいた。

■2010-8-28
 コアジサシがおおよそ数百羽群れていた。群れの探鳥から帰ってくるバーダーに聞いたら、「アジサシを撮っていた」と笑顔で教えてくれた。群れの中を丹念に探すと、コアジサシを二回り大きくしたような鳥が数羽見つかった。あれがアジサシに違いないと確信した。

主要更新
◇'10-8-28 :本欄新設
■2018-6-16  (ウランバートル/モンゴル) 晴れ <Nikkor340PF/TC17E2/D500(765mm相当)>  面積で1/3に削減。



■2011-6-9  (木戸浜/千葉県) <Pentax DA☆300/AF1.7X/K-5(765mm相当)> 面積1/2に削減。


■2011-6-6  (木戸浜/千葉県) <Pentax A☆400mm/AF1.7X/ K-5(1030mm相当)> 面積1/4に削減。




■2010-8-28  (三番瀬/船橋市) <Pentax DA☆300/AF1.7X/ K-7(765mm相当)> 上から面積2/3,2/3,1/4に削減。
羽を拡げているのがアジサシ。周囲はコアジサシ。
このコアジサシの群れの中に三羽のアジサシが飛んでいる
長距離を移動する渡り鳥はグライダーのように細長い羽を備えている。右上方、大きく目立つのがアジサシ。
  <一眼デジスコ :TSN884/VA3/45-200/GH1(2020mm相当)>  面積2/3に削減。

HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me