カンムリヒバリ

Galerida cristata
Gypaetus barbatus

■分布:ポルトガルから中国北東部にかけてのユーラシア大陸温帯やアフリカで繁殖する。
■生態:主に植物の種子や昆虫を食べる。乾いた地面の窪みに植物な葉や茎、根で椀状の巣を作り、内部には細かい草を敷いている。
  (Wikipediaより)

探鳥記
■2018-6-16 南ゴビ
 カンムリが目立つので、すぐ本種だと分かる。

主要更新
◇'18-6-27:本欄新設
■2018-6-18  (南ゴビ/モンゴル) 快晴 <Tamron150-600G2/D500(900mm相当)>  面積で1/4に削減。


 ・6-17  (ヨリン・アム渓谷/モンゴル) 快晴 <Tamron150-600G2/D500(900mm相当)>  面積削減、上から1/16,1/4x2。



 ・6-17  (南ゴビ/モンゴル) 快晴 <Tamron150-600G2/D500(900mm相当)>  面積で1/3に削減。



 
HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me