ノスリ

Eastern Buzzard
Buteo japonicus

■分布:ユーラシアに分布し、北方のものは冬季アフリカ、南アジアに渡る。 日本では北海道、本州、四国で繁殖するほか、全国に冬鳥として渡来する。
■生息場所:低山から亜高山(北海道では低地も)の林で繁殖。非繁殖期は林縁、農耕地、草地、干拓地。
■本州中部で見られる時期:
  @ABCDEFGHIJK

探鳥記
■2012-9-20 白樺峠
 ワシタカの渡りで有名な標高1700m余の長野県白樺峠に行った。19日は午前中小雨で、午後1時には雨がやんで霧になったが、時すでに遅しでハチクマらしき個体がたった一羽遠方を通り過ぎていっただけだった。

 翌日20日、朝7時には霧が晴れて主にハチクマが飛び始め、10羽前後のタカ柱も何回か見られた。正午を挟んでの1,2時間はぱったりと止まったが、2−3時には再びタカ柱が見られた。午後はサシバが多かったようである。

 サシバ、ハチクマとも100羽を超えていたと思ったが、信州ワシタカ類渡り調査研究グループの速報によれば、それぞれ229羽、257羽が飛んだとのことである。
 
 多くの写真を撮ったが、ほとんどが空高く飛んで点にしか見えない状態だったので良い写真が撮れなかった。

■2012-1-10
 もう間もなく柏崎港に着くというころ、車道の脇の木に留まっていた。車から降りずに接近したので、十分近い距離で撮影できた。

■2010-4-3
 肉眼では定かでない200m以上先のノスリをデジスコで狙った。デジスコでしか撮れない写真とはいえ、この距離では記録としての価値しかない。

■2010-1-23 あきる野市
 バードウォッチを始めてほぼ2ケ月後、私にとって初めての珍鳥である。

主要更新
◇'14-10-3: 最新の分類により変更:Common Buzzard → Eastern Buzzard、Buteo buteoButeo japonicus
◇'10-1-23: 本欄新設
■2016-10-25  (飛島)  晴れ、弱風 <Tamron150-600G2/D500(900mm相当)>  面積で1/12に削減。


■2014-1-26  (北海道・森町)  <デジスコ:TSN884/TE17W/RX100(3000mm相当)> 面積1/4に削減。


■2012-9-20 (白樺峠/長野県)  <Nikkor340/TC17E/D7000(765mm相当)>  面積1/6に削減。


■2012-1-10  (柏崎港周辺/新潟県) <Sigma50-500/K-5(750mm相当)> 面積2/3に削減。




■2011-2-11  (渡良瀬遊水池 [小雪 ]) <Pentax DA☆300mm/K-5(460mm相当)> 面積1/8に削減。


■2011-2-4  (渡良瀬遊水池) <Pentax DA☆300mm/K-5(460mm相当)> 面積1/8に削減。

  <デジスコ:TSN884/TE20H/LX5(2250mm相当)> 面積2/3に削減。


■2010-1-24  (東京あきる野市) <Sigma 170-500/ K-x(750mm相当): 手持ち>  面積1/2に削減。


HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2017 woodpecker.me