エジプトガン

Egyptian Goose
Alopochen aegyptiacus

■分布:サハラ砂漠以南のアフリカ大陸。
■生態:アフリカで最も普遍的なカモ類。河川や湖、池沼等に生息。大規模な群れで生活。主に茂みに草を集めた巣を作るが、樹洞や他の鳥の古巣を巣として用いることもある。
  食性は植物食傾向の強い雑食で、植物の葉、種子、昆虫類、節足動物、甲殻類等を食べる。
 (Wikipediaより)

探鳥記
■2010-10-19 ナイロビ国立公園
 ここには何羽かおり、目の前で交尾を行ったりした。

■2010-10-16 マサイマラ国立保護区
 この種もやっとライフリストに加えられた。

■2010-10-8 シンガポール
 顔の一部の皮膚がむき出しなので、最初は病気で毛が抜けているのだと思った。
 この個体は飼われているもので、かつマレー半島にはいないのでライフリストには加えない。

主要更新
◇'10-12-31:本欄新設
■2015-11-19  (ナイロビ国立公園/ケニア) <Tamron28-300/D750(300mm相当)>  面積で1/2に削減。 <繁殖期の始まり?>



■2015-11-18  (ナイバシャ湖/ケニア) <Nikkor340PF/TC14E3/D7200(630mm相当)>  面積削減、上から2/3、なし。



■2015-11-16  (マサイマラ国立保護区/ケニア) <Nikkor200-500/D7200(750mm相当)>  面積で1/2に削減。


■2015-11-5  (サンブル国立保護区/ケニア) <Nikkor200-500/D7200(750mm相当)>  面積で2/3に削減。


■2010-10-8  (バードパーク/シンガポール) <Pentax DA☆300/AF1.7X/K-7(765mm相当)>  面積1/2に削減。


HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me