モモイロインコ

Galah
Eolophus roseicapillus

■分布:オーストラリアのほぼ全域に分布する固有種。タスマニアには移入された。
■生態:分布域内では疎林、海岸地帯、都市やその近郊の公園、農地など様々な環境に適応している。特にかつて森林であったところが、ヨーロッパ人の入植以降、農地に開拓されてから、個体数が増え、生息域が広がった。(Wikipediaより)

探鳥記
■2013-9-26 ケアンズ近郊
 キャンプ場へ行った。最初アオバネワライカワセミを見つけて撮ったが、そのうちこのモモイロインコが10羽程度でてきて地上を歩き回っていた。
オーストラリア全土にいる普通種らしいが、初めて見ると全身を覆う桃色が印象的である。

主要更新
◇'13-10-22:本欄新設
■2013-9-26  (ケアンズ近郊/オーストラリア)  <Nikkor80-400/D7100(600mm相当)>  面積削減、上から1/2,2/3,1/2,1/2,なし。






HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me