オオニワシドリ

Great Bowerbird
Pandion cristatus

■分布:オーストラリアとニューギニアに生息する。
■生態:森林ないし疎林に住み、果実・種子など植食を主食とするが、昆虫なども食べる。
 雄は繁殖期が近づくと、直径1?3mほどの区域から落ち葉や枯れ枝などを除いて、ニワシドリの名の由来となった「コート (court、庭)」にし、さらにその中に大きな小屋型の構造物「バワー (bower、あずまや)」を作る。なおこれは巣ではなく、巣はこれとは別に雌が単独で作る。(Wikipediaより)

探鳥記
■2013-9-27 アサートン台地
 このニワシドリもオーストラリアを代表する独特な鳥の一つだろう。

 これを探してうろついていると、民家からおばあさんが出てきて、「うちに居るから見においで」 と誘う。喜んで見たのがこの雄。細い小枝を加えて東屋を造っていた。

 他のニワシドリの巣も見たが、それぞれ全部人家のごく近くに東屋を造っていた。きっと理由があるに違いない。

主要更新
◇'13-10-27:本欄新設
■2013-9-27  (アサートン台地/オーストラリア)  <Nikkor540/D7100(750mm相当)>  面積2/3に削減。




■2013-9-26  (ケアンズ近郊/オーストラリア)  <Nikkor80-400/D7100(600mm相当)>  面積削減、上:1/3、下:1/6。



HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me