カワウ

Great Cormornt
Phalacrocorax carbo

■分布:ユーラシア、アフリカ、オーストラリアおよび北アメリカの東海岸地域に分布。
 日本では本州、四国、九州で局地的に繁殖。本州中部以南から九州北部は留鳥。九州南部から南西諸島では冬鳥。本州北部では夏鳥。
生息場所:湖沼、大きな河川、内湾。■本州中部で見られる時期:
  @ABCDEFGHIJK

探鳥記
■2019-10-21 あきる野市
 昨日入手した75-300mmを試写した。曇っていて実力のほどははっきりとは分からなかった。

■2019-9-17 西尾市・一色漁港
 ワライカモメを撮った翌日、さらに良い画像を狙って再訪したのだが、結局目標は現れなかった。待っている間、ウやシギチを撮っていた。
 すると前方でカワウがハモらしき細長い魚を捕らえ、左右に振りながら飲み込む一部始終を撮影できた。。

■2015-11-18 ナイバシャ湖
 カワウは世界のいたるところにいるようである。

主要更新
◇'10-1-28:本欄新設
■2019-11-28  (ハーズマン湖/オーストラリア)  (M.Zuiko340/1.4X/E-M1X(840mm相当))  面積で1/2に削減。


■2019-10-21  (あきる野市) 曇り  (M.Zuiko75-300/E-M1mk2(600mm相当))  面積で1/3に削減。


■2019-9-16 (西尾市・一色漁港) (M.Zuiko340/2X/E-M1X(1200mm相当)>   面積2/5に削減、4枚を集成。 大きなハモ?を飲み込む。E-M1Xの素早いAF能力が効いた例だろうか。


■2018-9-14 (宮ケ瀬湖) 曇り (Tam150-600G2/D500(900mm相当)) 面積で2/3に削減。


■2015-11-18 (ナイバシャ湖/ケニア)  Phalacrocorax carbo lucidus  <Nik340PF/1.4X/D7200(630mm相当)) 削減なし。 


■2014-12-13 (羽田沼/栃木県大田原市)  <Nik540/1.4X/D7100(1050mm相当)>   面積で1/2削減。 


■2012-8-17 (三番瀬/船橋市)  <Nik540/1.4X/D7100(1050mm相当)> 面積で2/3削減。 



■2012-1-25 (多々良沼/群馬県)  <Nik540/1.4X/D7000(1050mm相当)> 面積で1/6に削減。 


■2011-2-10 (井頭公園/栃木県)  <Pen DA☆300/1.7X/K-5(765mm相当)> 面積で2/3削減。 




■2010-10-8 (バードパーク/シンガポール)  <Pen DA☆300/1.7X/K-5(765mm相当)> 削減なし。 



Copyright © 2020 woodpecker.me