オーストラリアメジロガモ

Hardhead
Aythya australis

■分布:オーストラリア、タスマニア、インドネシア(ジャワ島、セレベス島)、ニューギニア、ニューカレドニアに分布する。
オーストラリアでは南東部に多い。以前はニュージーランドにも生息していたが、1934年以降に絶滅したと考えられている。
■生息地:オーストラリアで唯一見られる、真の潜水ガモである。
 淡水の湖沼や池に生息する。 食性は雑食性で、水草や小さな甲殻類、水生昆虫などを食べる。(Wikipediaより)  

探鳥記
■2013-9-23 アデレード
 養魚場に100羽以上群れていた。今日の今日まで日本で撮影したメジロガモと同一と誤解していた。 何気なく学名を見ると異なっていることに気がついた。

主要更新
◇'13-11-6:本欄新設
■2019-12-9 (トマト湖/オーストラリア)  (Lumix100-300/E-M1mk2(600mm相当))  面積削減、 上から2/3,1/3。


 ・11-28 (ハーズマン湖/オーストラリア)  (M.Zuiko340/1.4X/E-M1X(840mm相当))  面積削減、 上から2/3,1/2。



■2013-10-1 (アサートン台地/オーストラリア)  (Nik80-400/D7100(600mm相当)) 面積1/12に削減。

 ・9-28 (バリーン湖/オーストラリア)  (Nik540/D7100(750mm相当)) 面積削減、上から1/8,1/8,1/6。


上:♂、下:♀、♀の虹彩は白くない。
 ・9-27 (ミッチェル湖/オーストラリア)  (Nik540/D7100(750mm相当)) 面積削減、上:1/2、下:1/3。


  ・9-23 (ケアンズ近郊/オーストラリア)  (Nik80-400/D7100(600mm相当))面積1/4に削減。


Copyright © 2020 woodpecker.me