ミミカイツブリ
Horned Grebe
Podiceps auritus


■分布:ヨーロッパからカムチャッカまでユーラシア大陸の亜寒帯部、北アメリカ北部で繁殖し、ユーラシアおよび北アメリカの温帯部の沿岸部や内陸の大きな湖沼で越冬。
 日本では冬鳥として九州以北に飛来。
■生息地:海上、大きな湖沼、港湾。
■本州中部で見られる時期:
  @AB4・・・・・10JK

探鳥記
■2022-11-3 渡良瀬遊水地
 T.I氏の情報で、T.I氏、T.T氏の三人で出かけた。谷中湖にミミカイツブリがいるという。谷中湖には9時過ぎに着いたところ、T.I氏に情報を教えてくれたバーダーに偶然出会い、ミミカイツブリの場所を教えてもらった。

 現場には10人ほどのカメラマンが大砲を据えており、1時間半ばかりそこで撮影した。ミミカイツブリ、カンムリカイツブリ、カイツブリがいて、ミミカイツブリは時々、カメラマンが並んでいる岸辺から10mほどの距離に近づく。
 うわさによると多少餌を与えられたらしいが、岸辺には水草が生えており、小魚が集まる場所のようにも見えた。

■2016-11-20 狭山湖
 撮ってからしばらくハジロカイツブリと誤判別していた。他人のブログを見ていてミミカイツブリであると認識した。

■2014-1-11 千葉県
 アラナミキンクロの情報で訪れた。クロガモ、ビロードキンクロにまじってミミカイツブリもいた。皆 150mほど遠方より近づいてこなかったので大幅なトリミングが必要で満足のいく画質にならなかった。

■2011-1-9 外川漁港
 ハジロカイツブリがいるなと何気なく撮った。帰ってモニターを見たらびっくり。ミミカイツブリだった。レベル3の珍鳥!! 私のような初心者は何でも目に付いた個体は撮るべきだ。

主要更新
◆'11-1-9本欄新設
■2022-11-3 (渡良瀬遊水地) (M.Zuiko150-400/OM-1(800mm相当.)>  面積削減:上から2/3x2,1/4,1/3,2/3x2。












■2016-11-20 (狭山湖) (Tam150-600G2/1.4X/D500(1260mm相当)) 面積1/4に削減。


■2016-4-4 (バンクーバー/カナダ) 晴れ  (Nik540FL/1.4X/D7200(1050mm相当)) 面積1/8 に削減


■2011-1-9 (外川漁港) (Pen DA☆300/1.7X/K-5(765mm相当.)>  面積1/3に削減。


Copyright (C) 20 woodpecker.me