イエスズメ

House Sparrow
Passer domesticus

■分布:中国周辺とロシア北部を覗くユーラシアに広く分布。南北アメリカ、アセアニアなど世界各地に移入された。
 日本では1990年8月に利尻島で初めて記録された。北海道では数カ所で記録され、繁殖例もある。他に秋田、舳倉島で記録がある。
■生息場所:人家周辺の他、人家周辺の農耕地、草地、公園、林。
■見られる時期:
  ・・・45678910・・

探鳥記
■2018-6-16 ウランバートル
 ホテル周辺の空き地には何種類かの野鳥がいて、それぞれ子育てをしていた。

■2014-12-31 ファン市/タイ
 スズメの群れを撮影してた。この写真はカバイロハッカを撮ったつもりであるが、日本に帰ってから写真を整理してみると、イエスズメが写っていた。

■2013-9-28 アサートン
 レストランのベランダで食事をしている時、目の前の生垣に10羽程度の群れが訪れた。幼鳥がほとんどだった。

■2011-8-9
 野鳥の世界77号の記事「人に慣れた鳥」に、ヨーロッパのイエスズメが人の手から餌を食べている写真があった。

  かつて、パリで同じような写真を撮ったことを思いだして、昔の写真をひっくり返してみたら、たしかに日本のスズメではなく、イエスズメに酷似していることを見出した。遠くから撮っているから、あまり定かではないが、頬と上腹部の模様からスズメとは違うことはわかる。
 

主要更新
◇'11-8-9:本欄新設
■2018-6-16  (ウランバートル/モンゴル) 快晴 <Nik340PF/1.7X/D500(765mm相当)>  面積削減、上から2/3x3,1/16。




 
■2017-2-7 (ビクトリア公園/スリランカ) <Nik340PF/1.4X/D500(630mm相当)> 面積で1/2に削減。


 ・2-6 (ヌワラエリア地域/スリランカ)  <Nik340PF/1.4X/D500(630mm相当)> 面積削減、上:2/3、下:1/2。



■2016-4-5 (バンクーバー) うす曇り  <Nik340PF/1.4X/D7200(630mm相当)> 面積削減、上から2/3x2,1/2x2,2/3x2,なし。








■2014-12-31 (ファン市街/タイ)  <Nik80-400/D7100(600mm相当)> 面積1/16に削減。


■2013-9-28   (アサートン/オーストラリア) <Nik80-400/D7100(600mm相当)> 面積1/4に削減。

 ・9-23   (ケアンズ/オーストラリア) <Nik80-400/D7100(600mm相当)> 面積で1/2に削減。



HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me