ヨナグニカラスバト
(亜種)
Japanese Wood Pigeon (sub)
Columba janthina

■分布:留鳥として本州中部以南の島嶼に分布。かつては中部以南の本州、四国、九州の海岸にも生息していた。石川県や飛島でも渡りの時期に記録がある。
 国外では朝鮮半島南部の海岸、済州島、鬱陵島に分布。
■生息場所:常緑広葉樹林。
■見られる時期:
  @ABCDEFGHIJK
亜種
 日本には3亜種。
亜種アカガシラカラスバトC. j. nitens:小笠原諸島、
亜種ヨヤグニカラスバトC. j. stejnegeri:八重山諸島、
亜種カラスバトC. j. janthina:それ以外の地域(山口県牛島、隠岐、壱岐、対馬、五島列島、男女群島、大隅諸島、伊豆諸島、奄美大島、沖縄島など)にはが分布する。
 このうち亜種アカガシラカラスバトは頭部と頸が暗紅色で、他の二亜種と大きく異なる。

探鳥記
■2016-7-1 宮古島・池間湿原
 リュウキュウヨシゴイを狙っていた合間にでてきた。この湿原で圧倒的に多いのはキジバト(リュウキュウキジバト)なので、「またか?」と思ったが、キジバトでもきれいに撮りたいと写したものである。帰ってからヨナグニカラスバトと気が付いた。「あぶない、あぶない、撮り逃がすところだった!」

主要更新
◇'16-7-27:本欄新設
■2016-7-1 (宮古島・池間湿原)  <Nikkor340PF/TC14E3/D500(630mm相当)> 面積で1/8に削減。 





HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me