シチトウメジロ
(亜種)
Japanese White-eye (sub)
Zosterops japonicus stejnegeri

■分布:伊豆諸島(伊豆大島から鳥島まで)に分布する。また南鳥島にはかつての住民により移入されたものが生息する。
 (Wikipediaより)

日本国内で見られる亜種
メジロ Z. j. japonicus : 北海道、本州、四国、九州、佐渡、隠岐、対馬、壱岐、五島列島。韓国南部。
シチトウメジロ Z. j. stejnegeri : 伊豆大島から鳥島。
イオウジマメジロ Z. j. alani : 火山列島で確認されている。
ダイトウメジロ Z. j. daitoensis : 南大東島、北大東島。
シマメジロ Z. j. insularis : 種子島、屋久島に分布する。
リュウキュウメジロ Z. j. loochooensis : 奄美大島以南の南西諸島。
日本国外で見られる亜種
ヒメメジロ(カラメジロ) Z. j. simplex : 中国、香港、台湾、ベトナム北部、タイ北部。眼先や前頭部、背などが黄色がかり、胸部が灰白色である。
ハイナンメジロ Z. j. hainanus: 海南島。
キクチメジロ(バタンメジロ) Z. j. batanis : 台湾南部の離島およびフィリピン北部バタン島。
 「梅にウグイス」と言われるが、梅や桜に来るのはおおかたはこのメジロである。ウグイスは藪に隠れていることが多く、人目に触れづらい。
 また、ウグイスはそのさえずりの豊かさに比べて、色は地味で目立たない。いわゆる”ウグイス色”はむしろこのメジロの色に近い。

探鳥記
■2014-6-8 大路池/三宅島
 ここでは数羽の群れが何度も訪れたが、なかなか近くには来てくれない。

 三宅島にはただのメジロもいるらしい。嘴の長さが違うとのことだが、区別は難しい。

主要更新
■'14-6-12: 本欄新設
■2014-6-9  (伊豆岬/三宅島)  快晴 <Nikkor80-400/D7100(600mm相当)>  面積1/3に削減。


 ・  (アカコッコ館/三宅島)  面積1/8に削減。


■2014-6-8  (大路池/三宅島)  <Nikkor80-400/D7100(600mm相当)>  面積削減、上から1/2x2,1/6。





HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me