ヤエヤマシロガシラ
(亜種)
Light-vented Bulbul (sub-sp.)
Pycnonotus sinensis orii

■分布:台湾、中国委南部、海南島、ベトナム北部に分布する。
 日本では八重山諸島、沖縄島に留鳥として分布。八重山諸島では与那国島に多い。沖縄島では南部で1976年に確認されたのが最初で、その後分布を中部まで拡大している。
■生息場所:山地から平地の林縁、農耕地、市街地。
■八重山諸島で見られる時期:
  @ABCDEFGHIJK
シロガシラ:日本では南西諸島に限定する。日本国外では、中国南部を中心に多数生息している。
 八重山諸島(石垣島・西表島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島)に留鳥として生息する日本固有の亜種ヤエヤマシロガシラ(P. s. orii) とは異なる台湾原産の亜種タイワンシロガシラ (P. s. formosae) の人為的に持ち込まれたと考えられる個体群が沖縄本島南部で繁殖し、作物への食害を起こしている。(Wikipediaより)

探鳥記
■2015-3-21 石垣島
 八重山諸島にはヤエヤマシロガシラが、他の南西諸島にはタイワンシロガシラが分布と言われている。学術界でも周知されているかどうかは不明であるがWikipediaの記述に従った。

主要更新
◇'15-7-8:本欄新設 (Wikipediaによりヤエヤマシロガシラという亜種であることを知った)
■2015-3-21 (石垣島)  <Nik340PF/1.4X/D7200(630mm相当)> 面積削減、上から1/8,1/12,1/2。




HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me