アカビタイムジオウム

Little Corella
Cacatua sanguinea

■分布:オーストラリアおよびニューギニア南部。
■生態:体長36cmから39cmで、しばしばモモイロインコも交えて数千匹で群生する。通常は木の上で夜を明かし、耳をつんざくような甲高い鳴き声を発して、早朝に餌を求めて飛び立つ。主に地面上で小麦や大麦等の作物の種子を食べる。そのため、オーストラリアでは害鳥とされており、住処となる木が破壊される。(Wikipediaより)

探鳥記
■2010-11-13 アデレード
 昔のファイルを整理していて見い出した。ユーカリの木に鈴なりになっていたのを思い出した。

主要更新
◇'10-11-13:本欄新設
■2019-12-7 (オーストラリア・ナロジン周辺)  (Lumix100-300/E-M1mk2(420mm相当))  面積削減、上:1/3、下:1/2。


 ・11-29 (ジョーンダラップ湖/オーストラリア)  (Lumix100-300/E-M1mk2(600mm相当))  面積削減なし。

 ・11-28 (キングズパーク/オーストラリア)  (M.Zuiko340/1.4X/E-M1X(840mm相当))  面積削減、上から、なしx2,1/2。



    (Lumix100-300/E-M1mk2(上:600mm/下:300mm相当))  面積削減、上から、なし,3/4。



■2004-4-17 (アデレード、オーストラリア)  (Pentax DA16-45 / *istD(70mm相当)) 面積1/3に削減。

・アカビタイムジオウム(Little Corella)、ヒメテンジクバタン(Western C.)、テンジクバタン(Long-billed C.)の違い。


Copyright © 2020 woodpecker.me