コキンメフクロウ

Little Owl
Athene noctua

■分布:ヨーロッパ、北アフリカから中国までのアジアに生息する。本来イギリスにはいなかったが、19世紀に持ち込まれ帰化している。
■生態:昆虫やミミズ、両生類などを捕食する。基本的には夜行性だが昼間も活動する。農村や公園、砂漠などの開けた土地に見られる留鳥である。
  (Wikipediaより)

探鳥記
■2018-6-18 南ゴビ
 足かけ二日。最も時間をかけて待ち受けた野鳥である。牧畜家が使っている家畜小屋に住み着いており、家畜や牧童を恐れないようである。
 彼らもフクロウにはあえて注意を向けないらしい。基本的にモンゴル人は野生の動物は捕食しないし、あえて構わないと聞く。遊びのために狩猟をする欧米人を心よしとしないようだ。

主要更新
◇'18-6-28:本欄新設
■2018-6-18  (南ゴビ/モンゴル) 快晴 <Tamron150-600G2/D500(900mm相当)>  面積で1/12に削減。





 
HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me