ヨーロッパトウネン

(ニシトウネン)
Little Stint
Calidris minuta

■分布:スカンジナビア半島北部、シベリアの沿岸で繁殖し、アフリカ、南ヨーロッパ、アラビア半島、インドの海岸部で越冬。
 日本ではまれな旅鳥または冬鳥として渡来。近年観察例が増えている。
■生息場所:内湾や河口の干潟。トウネンよりも水の残る場所を好む傾向がある。
■本州中部で見られる時期:
  123CD・・GH101112

探鳥記
■2017-9-2 稲敷市
 全体に濃色、背中のV 字をみて、すぐヨーロッパトウネンと思ったが、自分一人だけで識別しているとなかなか確信が持てない。帰ってからじっくり図鑑と比べて、脚が黒いから酷似しているヒバリシギでは無かろうと確信した。

 スリランカの個体にはV字が全くないことを見ているので、V字の有無だけで識別するのは困難であると思われる。

■2017-2-3 スリランカ
 スリランカで普通に見られるのはヨーロッパトウネンで(very common)、日本では普通のトウネンはここでは極めて珍しい(very rare)とのこと。日本とスリランカでは両者の関係が真逆である。

■2014-9-6 習志野市
 前日は8時から11時半の間集中して探したが見つからなかった。約20名いたカメマンの誰もがこの間撮影できなかったようだ。

 そこで本日再挑戦した。高速道路の一部が工事中で、1時間以上遅れて9時過ぎに着いた。すでに50名ほどのバーダー・カメラマンが来ていて、一部の人が特定の方向に向かって撮っていた。

 その方向を探すとターゲットが見つかった。トウネンにとてもよく似ていてよほど注意しなければ見逃す。既に撮っていた友人KK氏の写真が識別に大いに役だった。

 三枚目にトウネンと一緒に写っているものを載せた。 左:ヨーロッパトウネン、右:トウネンで、これだけの差しかない。トウネンの中には背中のV字もかなりはっきりしている個体もいた。

 10時半ごろヨーロッパトウネンが遠くへ飛び去った。久しぶりに真夏日になり、湿気も高かったので、還ってくるのを待たずに退散した。

主要更新
◇'14-9-6:本欄新設
■2017-9-2 (稲敷市) 晴れ <Nikkor540FL/TC14E3/D500(1050mm相当)> 面積で1/3にトリミング。





■2017-2-6 (ウダワラエ国立公園/スリランカ) <Tamron150-600G2/D500(900mm相当)> 面積で1/4にトリミング。


 ・2.4 (ハンバントタ周辺/スリランカ) <Tamron150-600G2/D500(900mm相当)> 面積で1/16にトリミング。



■2014-9-6 (習志野市)  <Nikkor540/TC17E/D7100(1250mm相当)> 面積トリミング、上から1/4, 1/6x2。


左:ヨーロッパトウネン、右:トウネン/これだけの差しかない。トウネンの中には背中のV字もかなりはっきりしている個体もいた。



HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2017 woodpecker.me