アフリカハゲコウ

Marabou Stork
Leptoptilos crumeniferus

■分布:サハラ砂漠以南のアフリカ全域に生息。水辺でも内陸でも活動し、人間の居住地域近辺(とくにゴミ捨て場)でもふつうに見られる。
■生態:コウノトリ科の他種と同様に、群れで行動し、繁殖期にはコロニーを形成する。地域差があるがおもに乾季(水場が干上がっていくにつれ餌が手に入りやすくなる)に樹上に木の枝で作った巣をかけ、通常2個から3個の卵を産む。
 (Wikipediaより)

探鳥記
■2015-11-18 ナイバシャ湖
 かなりの個体がいた。肉垂れの下がったおどろおどろしい個体も多かった。

■2015-11-1 ナイロビ市内
 空港から車でホテルに向かうときに、道路際の木に群がっていた。

主要更新
◇'15-11-21:本欄新設
■2015-11-18 (ナイバシャ湖/ケニア)  <Nikkor340PF/TC14E3/D7200(630mm相当)> 面積で1/2に削減。 




■2015-11-10 (サイワ湿地/ケニア)  <Nikkor340PF/TC14E3/D7200(630mm相当)> 削減なし。 



■2015-11-5 (サンブル国立保護区/ケニア)  <Nikkor340PF/TC14E3/D7200(630mm相当)> 面積で1/6に削減。 


■2015-11-1 (ナイロビ/ケニア)  <Nikkor340PF/1.4X/D7200(630mm相当)> 面積削減、上:なし、下:2/3。 



HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me