バリケン
Muscovy Duck
Cairina maschata

 南米産のノバリケンを家禽化したもの。「フランス鴨/タイワンアヒル/広東アヒル/麝香アヒル」などの異名もある。
 食用家禽として日本に持ち込まれた。飛行能力が残っており、逃げ出したものが各地で散見される。
 羽の色は白一色から、黒が混じったまだら模様、ほとんど黒に白が混ざる程度まで多様。眼からくちばしにかけて真っ赤な皮膚がある。
  沖縄県では「観音アヒル」と呼ばれ、食用飼育されているほか、野生化したものも多くみられる。

<ノバリケン>
■分布:中央および南アメリカ。
■生態:海岸や内陸の水辺に一夫多妻型の群れで生活する。カモ類では数少ない樹上生活者で、巣は樹洞やヤシの樹の葉陰に作る。雑食性。
  <Wikipediaより>

探鳥記
■2015-5-13 沖縄県豊見城市
 漫湖水鳥・湿地センターのレンジャーに話を聞いたところ、棲みついているとのこと。ライファーに加えるべきか迷ったが、野生化しているのでカウントすることにした。厳密な意味では野鳥ではない。

■2015-5-12 沖縄県豊見城市
 干潟でシギ/チドリを探しているときにかなり遠方に見つけた。全身が白いが、すぐバリケンと識別できた。

■2015-5-11 沖縄県豊見城市
 漫湖水鳥・湿地センターで見つけた。直ぐバリケンと分かったので、一応撮影しておいた。

主要更新
◇'15-5-15: 本欄新設
■2015-5-13  (漫湖水鳥・湿地センター/沖縄県)  晴 <Nik540/D7200(750mm相当)>  面積2/3に削減。

 ・5-12  (豊崎干潟/沖縄県)  晴 <Nik540/1.7X/D7200(1275mm相当)>  面積1/8に削減。


 ・5-11  (漫湖水鳥・湿地センター/沖縄県)  晴 <Nik340PF/1.4X/D7200(630mm相当)>  面積2/3に削減。


HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me