ハシグロヒタキ

Northern Wheatear
Oenanthe oenanthe

■分布:ユーラシア西部から北東部、アラスカ、グリーンランドで繁殖し、アフリカ西部および北東部、アラビア半島で越冬する。
 日本では迷鳥として北海道、山形、東京、静岡、京都、兵庫、舳倉島、対馬、西表島、小笠原父島、北硫黄島で記録がある。
■生息場所: 農耕地、草原、裸地。
■見られる時期:
  ・・・45・・・91011・

探鳥記
■2018-6-16 ウランバートル
 ホテル周辺の空き地には何種類かの野鳥がいて、それぞれ子育てをしていた。

■2015-11-16 マサイマラ国立保護区
 この雄の個体は明らかなNorthern Wheatearの特長を有している。

■2015-11-5 サンブル国立保護区
 Isabelline Wheatear(イナバヒタキ)との区別が難しい。

主要更新
◇'16-2-2:本欄新設
■2018-6-16  (ウランバートル/モンゴル) 晴れ <Nikkor340PF/TC17E2/D500(765mm相当)>  面積削減、上から1/16,1/12x2,1/8,1/12。






■2015-11-16 (マサイマラ国立保護区/ケニア)  <Nikkor200-500/D7200(750mm相当)> 面積削減、上:1/4,下:1/8。 


 ♀ ・11-5 (サンブル国立保護区/ケニア)  <Nikkor200-500/D7200(750mm相当)> 面積削減、上から1/4x2,1/6,1/8。 





HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me