アカメヒヨドリ

Olive-winged Bulbul
Pycnonotus plumosus

■分布:ミャンマー、マレー半島のタイ、マレーシア、シンガポール、スマトラ、ボルネオ , パラワン。
■生息場所:500mまでの低地の林縁、農場、植林地帯。

和名の由来
 英名がOlive-wingedなのにアカメヒヨドリとした。そのあおりをくって?Red-eyedがアカメチャイロヒヨドリになったのだろうか?

探鳥記
■2011-10-3
 ヒヨドリの種類は多く、数も多い。わずかな違いなので、無精せず丁寧に撮っておくべきだ。
 この実にはヒヨドリ類も多く来るが、クロサイチョウも何回か訪れた。 食べてみたが、甘くも苦くも酸っぱくもない無味だった。

◇'11-10-16:本欄新設
■2011-10-7  (クアラセランゴール自然公園/マレーシア) <Sigma50-500/K-5(750mm相当)>  面積1/8に削減。



■2011-10-3  (セピロク/ボルネオ) <Sigma50-500/K-5(750mm相当)>  面積1/4に削減。



■2011-10-3  (セピロク/ボルネオ) <Sigma50-500/K-5(750mm相当)>  面積1/4に削減。



HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me