カワラヒワ

Oriental Greenfinch
Carduelis sinica

■分布:カムチャッカ、サハリン、朝鮮半島、アムール川流域、ウスリー、中国東部で繁殖し、北で繁殖したものは冬季南に渡る。
  日本では亜種カワラヒワC. s. minorが九州以北で繁殖し、北のものは冬季、暖地に移動する。
■生息地:平地から低山の草地、林縁、農耕地、市街地の公園や庭。
■本州中部で見られる時期:
  @ABCDEFGHIJK

探鳥記
■2019-1-14 渡良瀬遊水池
 Fujinon100-400mm+X-H1の実写テストである。ピントが多少甘い感じがする。

■2010-2-2 多摩川・秋川合流点
 和名の通り、川原に群れているのをよく見る。羽を拡げると黄色の帯がとてもきれいである。

主要更新
◇'10-3-24:本欄新設
■2021-4-6 (草花丘陵/あきる野市) 晴  (Nik340/TC14E/D500(630mm相当)) 面積1/12に削減。


■2017-5-6 (舳倉島) 晴 (Tam150-600G2/D500(900mm相当)) 面積削減:上から2/3、1/2。 



■2017-4-27 (飛島) 快晴 (Tam150-600G2/D500(900mm相当)) 面積で1/6に削減。

 ・ (Nik340PF/1.4X/D500(630mm相当)) 面積で1/4に削減。 


■2017-3-31  (渡良瀬遊水池)  (Tam150-600G2/D500(900mm相当))  面積で1/3に削減。


■2016-11-20  (狭山湖) (Tam150-600G2/D500(900mm相当)) 面積1/4に削減。


■2014-12-23 (栃木県) 快晴  (Nik540/TC20E/D7100(1500mm相当)) 面積2/3に削減。


■2014-3-18  (安濃川河口/津市)  小雨 (Nik540/D7100(750mm相当))  面積1/4に削減。



■2010-1-29  (多摩川・秋川合流点)  (Pen A☆600mm/A1.4X-L/ K-7(1285mm相当))  面積1/4に削減。

Copyright © 2020 woodpecker.me