シキチョウ

Oriental Magpie Robin
Copsychus saularis

■分布: インドから、東南アジア、中国南部にかけて留鳥として分布する。オーストラリアにも生息するが、これは人為的に移入されたものである。
■形態: 体長約19cm。比較的尾は長い。雄は頭部から背面にかけてと喉から胸は黒色で、腹部は白色である。翼に大きな白色の斑がある。この羽色がカササギに似ていることが英名の由来である(magpieはカササギを示す)。雌は頭部から背面にかけてと喉から胸は灰色で、腹部は灰色がかった白色である。
■生態: 熱帯から亜熱帯にかけての開けた森林や耕作地に生息する。しばしば人家の庭にも現れる。 主に昆虫類やクモ類などを捕食する。 樹洞、土手や壁の穴、軒下などに植物の葉や枯れ枝で椀型の巣を作り、1腹3-6個(通常4-5個)の褐色地に濃い斑点のある卵を産む。抱卵日数は12-13日で、雌雄協同で抱卵する。(Wikipedia)

探鳥記
■2011-10-4
 ボルネオ北部のシキチョウは、亜種C. saularis adamsiで、腹が全部黒い。ボルネオ専門の図鑑で初めてわかった。

■2010-5-25
 高い木の室に出入りしている鳥をバーダーが数人写真を撮っていた。入れて貰って撮った。下にも結構降りていた鳥がいたが、同じ鳥とは整理している時に気がついた。

主要更新
◇'10-5-25:本欄新設
■2017-2-5 (ティッサマハーラーマ地域/スリランカ)  <Nikkor340PF/TC14E3/D500(630mm相当)> 削減なし。



■2015-1-3 (ドイ・アンカン)  <Nikkor328/TC20E/D7100(900mm相当)>  削減なし。


■2014-5-7  (大安森林公園/台北)  <Nikkor80-400/D7100(600mm相当)>  面積削減、上から2/3,1/3,なし。



 ・5.6  (台北植物園/台北)  <Nikkor80-400/D7100(600mm相当)>  面積で2/3に削減。


■2011-10-8  (クアラセランゴール自然公園/マレーシア) <Sigma50-500/K-5(750mm相当)>  面積1/16に削減。


■2011-10-2  (セピロク/ボルネオ) <Sigma50-500/K-5(750mm相当)>  面積1/3に削減。


■2010-10-5  (フレイザーズヒル/マレーシア)  <Pentax A☆300/AF1.7X/K-7(765mm相当)>  面積2/3に削減。



HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me