オオチドリ

Oriental Plover
Charadrius veredus

■分布:日本にくるオオチドリC. a. veredusは、モンゴルから中国東北部で繁殖し、インドネシア、オーストラリア北部に渡って越冬する。
 亜種ニシオオチドリC. a. asiaticusは、カスピ海からバルハシ湖にかけての中央アジアで繁殖し。アフリカ東部および南部で越冬する。
 日本にはまれな旅鳥として飛来。西日本で記録が多く、特に与那国島や対馬では春季に毎年記録されている。
■生息場所:芝生のような丈の低い草地、畑、乾いた水田跡。
■南西諸島で見られる時期:
    ・・3C・・・・・・・・

探鳥記
■2015-3-26 与那国島
 与那国は外周25kmの道路がある。ここをレンタカーで回っていると、一人の若いバーダーに遇った。本人から目の前の芝原にオオチドリがいることを教えてもらった。

 二羽の雌はみつかったが雄は見つからなかった。そのうち三羽が飛び出したので、飛んでいるところを撮影したらなかに雄が見つかった。

主要更新
◇'18-6-25:英名 Caspian Ploverおよび学名Charadrius asiaticusを標記に修正。
◇'15-4-2:本欄新設
■2018-6-18  (南ゴビ/モンゴル) 快晴 <Tamron150-600G2/D500(900mm相当)>  面積で1/12に削減。



 
■2015-3-26 (与那国島) 薄曇り <Nikkor540/TC17E/D7100(1275mm相当)>  面積削減、上から1/12x3, 1/2。




  <Nikkor340PF/TC14E/D7100(630mm相当)>  面積1/3に削減。


HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me