ヒメマミジロタヒバリ

Paddyfiled Pipit
(Oriental pipit)
Anthus rufulus

■分布:南アジアから東へフィリピンまで。
■生息場所:開けた草原から灌木林、農耕地。
 (Wikipediaより)

探鳥記
■2014-12-28 ドイ・インタノン
 ヒバリやタヒバリに似ているので、同類であることはすぐわかった。

 しかし、ガイドに判断してもらわねば、マミジロタヒバリ、コマミジロタヒバリとの区別は私には不可能である。

主要更新
◇'15-2-1:本欄新設
■2017-2-4 (ブンダラ国立公園/スリランカ) <Tamron150-600G2/D500(525mm相当)> 面積削減、上から、1/3,2/3,1/4。




■2014-12-28 (ドイ・インタノン/タイ)  <Nikkor340/TC17E/D7100(765mm相当)> 面積削減、上から1/2,1/6。



HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2017 woodpecker.me