シベリアジュリン

Pallas's Reed Warbler
Emberiza pallasi

■分布:ウラル山脈から東はチェトコ半島までのシベリア、モンゴル、中国北東部で繁殖し、モンゴル、朝鮮半島、中国で越冬する。
 日本では少ない冬鳥として九州以北に渡来する。
■生息場所:草地、休耕田。アシ原に入ることもある。オオジュリンと一緒にいることは少ない。
■九州で見られる時期:
  @AB・・・・・・IJK

探鳥記
■2016-10-24 飛島
 飛島に着いてすぐ11時過ぎから探鳥を始めた。かなりの数のホオジロ類が見られた。
 オオジュリンの雌のような個体が一羽いたが、ベテランと飛島ガイドの識別では、シベリアジュリンだという。私が持参した図鑑によるとシベリアジュリンとは思えなかった。

 持参した図鑑には雄の写真しか載っておらず、これが識別できなかった主因だった。特定の個体の表示に偏りがちな写真図鑑の大きな欠点の一つである。イラスト図鑑は平均的な姿形を載せるので識別しやすい。

主要更新
◇'16-10-29 :本欄新設
■2016-10-24  (飛島)  曇り時々晴れ、強風 <Tamron150-600G2/D500(900mm相当)>  面積削減、上から1/4,1/2,1/8,1/12。 





HOME | BIRD LIST | RECORD | HOBBIES | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2017 woodpecker.me