シラガホオジロ

Pine Bunting
Emberiza leucocephalos

■分布:ウラル山脈西部から東派オホーツク海の北、サハリン、南派アルタイ、タルバガタイ山脈、モンゴル、中国北西部で繁殖し、イラン南西部から中央アジア南部、アフガニススタン、パキスタン、インド北西部、中国北部、モンゴルで越冬する。
 日本では少ない旅鳥または冬鳥として北海道、本州、九州で記録がある。群れが越冬することがある。日本海の離島では。主に秋の渡りの時期に毎年出現する
■生息場所:平地から山地の林、林縁、草地、農耕地。
■本州中部で見られる時期:
  @ABCD・・・・IJK

探鳥記
■2017-10-15 飛島
 今回も出てくれた。シラガホオジロは飛島でした見ていない。

■2016-10-30 飛島
 本日見直してみたら、2015年10月14日以前の掲載画像はすべてコホウアカだった。本日削除した。

■2015-10-15 飛島
 やっとシラガホオジロとはっきりわかる個体に出遇った。

 14日までに撮影した個体はシラガホオジロに間違いないのか未だに確信が持てない。特に雌はホオジロ、ミヤマホオジロ、シロハラホオジロ、ホオアカ、シラガホオジロ、コホウアカの間の差はわずかであり、個体差も加わって私には識別に確信が持てないことが多い。

主要更新
◇'16-10-30:昨年10月14日以前の掲載写真はコホウアカだと判明したのですべて削除した。
◇'15-10-17:本欄新設
■2017-10-17 (飛島/山形県) 薄曇り <Nikkor340PF/TC14E3/D500(630mm相当)> 面積で1/4に削減。

 ・10-16 晴れ  <Tamron150-600G2/D500(900mm相当)> 面積で1/4に削減。

 ・10-15 薄曇り  <Tamron150-600G2/D500(900mm相当)> 面積削減、上:1/4、下:1/3。



■2016-10-24  (飛島)  曇り時々晴れ、強風 <Tamron150-600G2/D500(900mm相当)>  面積で1/6に削減。



■2015-10-15 (飛島)  <Nikkor340PF/TC14E3/D7200(630mm相当)> 面積2/3に削減。



HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2017 woodpecker.me