ギンザンマシコ

Pine Grosbeak
Pinicola enucleator

■分布:スカンジナビア北部からアナドゥリにいたり、サハリン、千島を含むユーラシアの亜寒帯、アラスカ、カナダ北部、ロッキー山脈で繁殖し、冬季に一部は南に渡る。
 日本では北海道の高山で繁殖するほか、冬鳥として渡来する。
■生息場所:夏は高山のハイマツ帯。冬は平地から山地の針葉樹林、市街地の街路樹。
■北海道で見られる時期:
  @ABCDEFGHIJK

探鳥記
■2014-7-5 知床岬
 峠で車中泊するなど足かけ三日待ち続けた後、わずかな霧の晴れ間に番が出てきた。それも枯れたハイマツの上に留まる、さらには求愛給餌するなど、抜群の状況で撮影できた。峠で車中泊した甲斐があった。

■2011-6-27 大雪山
 北海道を初めて訪れた第一の目標はこのギンザンマシコであった。そのため初日からの足かけ3日間を大雪山で探鳥する予定だった。

 初日は快晴の絶好の日和。海抜1500近辺の旭岳中腹でも、急いで歩くと汗が出るような暑さだった。

 探鳥ガイドを連れた10人ほどのグループに寄り添って第三展望台で待つこと小一時間、遠かったが♂♀の二羽が現れた。ハイマツの陰で見え隠れするので撮りづらかったが雄だけ撮れた。

 ついで、第四展望台で手招きしているガイドの処に急いで向かったが、数mの至近距離なのに全身が撮れず、飛び立った瞬間になんとか一枚撮れた。

 第一目標がこんなに容易に撮れるなんてとても幸先がよい。この後も滞在中ずっと幸運が続いたのだが、それを予感させる探鳥だった。

主要更新
◇'11-7-5 本欄新設
 求愛不給餌 ■2014-7-5  (北海道知床峠)  <Nikkor540/D7100(750mm相当)> 面積1/3に削減。




   <Nikkor340/TC17E/D7100(765mm相当)> 面積2/3に削減。





■2011-6-27  (北海道大雪山)  <Pentax DA☆300mm/AF1.7X/K-5(765mm相当)> 面積1/4に削減。

   <デジスコ:TSN884/TE25H/LX5(2250mm相当)> 削減なし。

   <Pentax DA☆300mm/AF1.7X/K-5(765mm相当)> 面積2/3に削減。



HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me