ヒメコウテンシ

Red-capped Lark
Calandrella cinerea

■分布:ヨーロッパ南部、トルコから中央アジア、モンゴル、中国西部と北部および東北部、アフリカ北部と東部および南部で繁殖し、地中海沿岸、アフリカ、アラビア半島、中央アジア、インドで越冬する。
 日本には数少ない旅鳥または冬鳥として越冬する。記録は全国からあるが、日本海の離島以外では少ない。
■生息場所:草地、農耕地、裸地、海岸。
■見られる時期:
  @ABC5・・・・IJK

探鳥記
■2015-11-16 マサイマラ国立保護区
 本日、ウェブ頁用に整理している時に別種としていたことに気が付いた(2016-1-21)。ホッと安堵するとともに、初見鳥が一種減ったことが残念である。

 英名にRed-cappedとあるが、まさにこの個体はその表現にふさわしい頭部の色である。むしろ、舳倉島で撮影した個体が英名にそぐわない色である。

■2012-4-25 舳倉島
 民宿近くの草地で探鳥していると、なにやら二羽左から右に飛んだ。この二日、ツグミが圧倒的に多いのだが、それより色が薄いし小さい。ヒバリのようである。そのうち一羽は垂直に高く高く舞い上がった。鳴かなかったがヒバリそっくりの仕草である。

 宿に帰ってから熟達者に見せると「ヒメコウテンシ」であると言う。もともと大変少ないことは知っていたのでうれしかった。この個体はその後何日か滞在していたようである。

主要更新
◇'12-5-2:本欄新設
■2015-11-16 (マサイマラ国立保護区/ケニア)  <Nikkor200-500/D7200(750mm相当)> 面積トリミング、上から1/3,1/4,1/3。 




■2012-4-25  (舳倉島/輪島市) うす曇り <Nikkor540/TC14E/D7000(1050mm相当)> 面積1/4にトリミング。



・2012-4-28  面積1/4にトリミング。


HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2017 woodpecker.me