チシマウガラス

Red-faced Cormorant
Phalacrocorax urile

■分布:ベーリング海沿岸から千島列島、カムチャッカ、サハリン、アラスカの太平洋岸に分布。
 日本では北海道東部で繁殖し、冬季は北海道沿岸で見られる。まれに本州北部でも記録される。年々減少しており現在繁殖しているのはモユルリ島のみ
■生息場所:岩礁海岸。海岸の絶壁で繁殖する。
■北海道東部で見られる時期:
  @ABCDEFGHIJK

探鳥記
■2014-1-22 根室半島
 二年前チシマウガラスが一羽いた場所を再訪した。よくよく見ると少なくとも数羽の個体が見つかった。増えているのを見てホッとした。

 丁度デジスコも持っていたので、同じ被写体で比べることができた。デジスコは削減率が低いので画素数を犠牲にせずにすむ。その結果、階調のつながりがよく、より繊細なエッジとなり。全体に柔らかな印象である。しかし、小さな画素に起因する白トビが顕著である。

 500mmのデジイチはおおむねその対極にある。コントラストが高くメリハリが効いているように見えるが、エッジが太めである。しかし、雪をみるとわかるが白飛びをしていない。どちらを選ぶか、悩ましいところだ。

■2014-1-21 根室半島
 すでに繁殖羽に替わっている個体を発見した。繁殖羽を夏羽と呼ぶので、冬なのに夏羽という矛盾した呼び方になる。

■2011-12-25 根室半島
 チシマウガラスが一羽いるとの情報で、探した。目の周りが少し違うだけで、遠目では識別が困難だが、デジスコの威力で見つけられた。

主要更新
◇’11-12-28:本欄新設
■2014-1-22  (根室半島/北海道)  <Nikkor540/D7100(750mm相当)> 面積削減、上:1/6、下:1/8。


 ・ <デジスコ:TSN884/TE17W/RX100(1400mm相当)> 面積削減、上:2/3、下:1/2。



■2014-1-21  (根室半島/北海道)  <Nikkor80-400/D7100(600mm相当)> 面積1/8に削減。



■2011-12-25  (根室半島/北海道)   <デジスコ:TSN884/TE17W/10-30/V1(1890mm相当)> 削減なし。


HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me