アカエリヒエラシシギ

Red-necked Phalarope
Phalaropus lobatus

■分布:ユーラシア、北アメリカの北極海沿岸で繁殖し、インド洋沖、南太平洋、ペルー沖などで越冬。日本には旅鳥として渡来し、北海道から南西諸島まで記録がある。
■生息場所:海上。埋め立て地の水たまり、港、海岸近くの湖沼・水田などに入ることもある。陸地で見られる機会はハイイロヒレアシシギより多い。
■本州中部で見られる時期:
  ・・・CD・・GH10・・

探鳥記
■2017-5-5 舳倉島航路
 べた凪の船旅で1時間になろうとした頃、遠方に数十羽の群れが飛んでいるのを見つけた。頻繁に出現するオオミズナギドリより明らかに小さい体である。

 始めウミスズメかなと思ったが、撮影画像を見てアカエリヒレアシシギと確信した。中に全身が赤い個体がいたが、こちらはハイイロヒレアシシギである。二回ばかり群れに出遇った。これで念願の撮影はできた。

 アカエリよりずっと珍しいハイイロはすでに撮っているので、アカエリがリストにないのは何か落ち着かない感じがしていた。

主要更新
◇'17-5-13:本欄新設
■2017-5-9 (舳倉島) 薄曇り <Nikkor340PF/TC14E/D7100(630mm相当)> 面積トリミング、上から1/12x2,1/16。




HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2017 woodpecker.me