カワラバト

Rock Pigeon
Columba livia

■分布:本来ヨーロッパ、中央アジア、北アフリカなどの乾燥地帯に生息する鳥だったが、人に馴れやすいため家禽化され、食用や伝令用として利用されたほか、愛玩用の品種も多数作られた。
 日本では北海道を含む全土で普通に見ることができる。特に都市部を中心に非常に多く見られる鳥で、その数は増え続けている。日本以外ではユーラシア大陸、ヨーロッパを中心に留鳥として世界的に広く分布する。 (Wikipediaより)

探鳥記
■2014-4-28
 干潟を取り囲む自動車道を歩いていると、足元から大きなハトが飛び立って藪に隠れた。隠れたと思しき場所にそろそろ近づいたところ、突然飛び去った。
 その行動からみて、野生と判断し、初見鳥とした。

主要更新
◇'14-5-12:本欄新設
■2018-11-28 (スワン・レイク/デリー近郊/インド)  <Nik556PF/1.4X/D500(1050mm相当)>  面積削減、上から1/4x2,1/16。 




■2014-4-28 (鰲鼓湿地森林園区/台湾)  <Nik80-400mm/D7100(600mm相当)> 面積削減、上から1/4,1/8x2。





HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me