ケイマフリ

Spectacled Guillemot
Cepphus carbo

■分布:千島、オホーツク海沿岸、サハリン、朝鮮半島で繁殖し、周辺の海上で生活。
  日本では北海道天売島、積丹半島、知床半島や東北地方で繁殖。冬季は本州北部以北の海上に分布。
■生息場所:海岸の断崖で繁殖し、海上で生活する。冬は内湾や湾内に入ることもある。
■北海道で見られる時期:
  @ABCDEFGHIJK
 アイヌ語で「赤い足」はケマフレと言い、ケイマフリの名はこれに由来する。

探鳥記
■2016-7-13 ウトロ港沖
 ウトロ港から知床クルーズ船に乗ってまもなく、20羽前後のケイマフリが現れたのにはびっくりした。
 今回は観光旅行だったので、精神的な準備を怠っていて、慌てた。そのせいもあり歩留まりは非常に悪い。自業自得。

■2012-3-14 歯舞沖
 冬羽と夏羽が混在している。全体に海鳥は少なかったが、近くにいたもののなかではケイマフリが一番多かった。
 遠方はさだかではないが、クロガモ、ビロードキンクロ、ヒメウが多かったのではないだろうか。

■2011-7-3 根室沖
 地球規模で見れば本種はエトピリカよりずっと稀少だが、派手なエトピリカに注目が集まる。

主要更新
◇'11-7-7:本欄新設
■2016-7-13  (北海道ウトロ港沖)  <Nikkor340PF/TC14E3/D500(630mm相当)>  面積削減、上から1/4,1/12x2。




■2014-1-21  (根室沖/北海道) 小雪  <Nikkor80-400/D7100(600mm相当)>  面積1/8に削減。



■2012-3-14  (歯舞沖/北海道) 曇り  < Nikkor340/TC17E/D7000(765mm相当)>  面積削減, 上2枚:1/4、下1枚:1/16。




■2011-7-3  (根室沖/北海道) 曇り、霧  <Pentax DA☆300mm/K-5(450mm相当)>  面積1/16に削減。




HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me