ヒメテンジクバタン

Western Corella
Cacatua pastinator

■分布:西オーストラリア南西部に分布。南西部の北の小麦地帯の数は5000?10000羽で、西オーストラリアの南西部には約1000羽が棲む。
■生息地:ユーカリ林、小麦畑、牧草地。
 <Wikipediaより>

探鳥記
■2019-11-28 オーストラリア
 アカビタイムジオウム、テンジクバタン、ヒメテンジクバタンの識別はほぼ嘴の長さだけである。習熟すれば、顔の色や形態でも見分けられるだろうが、一過性の旅行者には難しい。本種の識別にも大いに迷った。三者の分布に大きな差が無いことも識別を難しくしている。

主要更新
◇'20-1-9:本欄新設
■2019-12-8 (ペリーレイクス自然保護区/オーストラリア)  (Lumix100-300/E-M1mk2(420mm相当))  面積削減なし。

 ・12-7 (ドライアンドラ自然保護区/オーストラリア)  (Lumix100-300/E-M1mk2(420mm相当))  面積削減、上から3/4,1/8x2,1/2x2。





 ・ 11-28 (キングズパーク/オーストラリア)  (Lumix100-300/E-M1mk2(420mm相当))  面積削減、上から、なし,1/3。



・アカビタイムジオウム(Little Corella)、ヒメテンジクバタン(Western C.)、テンジクバタン(Long-billed C.)の違い。


Copyright © 2020 woodpecker.me