クロハラアジサシ

Whiskered Tern
Chlidonias hybrida

■分布:ーロッパ南部から中央アジア、アフリカ、南アジア、中国東北部、オーストラリアで繁殖。北方のものは南下して越冬。
 日本では旅鳥として各地に渡来するが、数は少ない。南西諸島ではよく見られる。
■生息場所:干潟、埋立地の水たまり、湖沼。
■本州中部で見られる時期:
  ・・・・DEFGH10・・

探鳥記
■2016-8-21 川越市
 アジサシ類は海にいるという思い込みからすると、住宅地が密集する都会の小さな沼にいることが不思議だ。

■2012-10-14
 奥首川河口に点在する水田に、全部で2,30羽のアジサシ類が居た。写真を眺めても区別が難しいのにフィールドで識別するのはさらに困難である。闇雲に撮った。
 中に嘴が太いのがいてハシブトかもしれないと思うが自信がない。

■2011-6-19
 ヨシゴイと誤認して撮っていたゴイサギの群れと交差するように飛んでいた。コアジサシかなと撮ってみたら、クロハラアジサシだった。
■2010-6-6
 二、三百羽のコアジサシの中に約十羽のアジサシ、そして一羽のクロハラアジサシ。遠方から偶然に見つけて撮った。
 群れが長い浜の中をあっちこっちしょっちゅう移動するので、すぐ見失う。その後たまに見つけたが近くには来なかった。

主要更新
◇'10-6-6: 本欄新設
■2017-2-3 (ハンバントタ周辺/スリランカ)  <Tamron150-600G2/D500(900mm相当)> 面積で1/6に削減。



 幼羽 ■2016-8-21 (川越市) 晴れ時々うす曇り  <Nikkor540FL/TC14E3/D500(1050mm相当)> 面積削減、上から1/6,1/8,1/6。




■2012-10-14 (億首川河口/沖縄) 曇りときどき小雨  <Nikkor540/TC14E/D7000(1050mm相当)> 面積削減、上から2/3x2、1/4。




■2011-6-19 (福島潟/新潟市)  <Pentax DA☆300mm/AF1.7X/K-5(765mm相当)> 面積1/16に削減。


■2011-6-6 (九十九里/千葉県)  <Pentax A☆400mm/AF1.7X/K-5(1030mm相当)> 面積1/8に削減。

左から2番目の腹の黒い個体。すぐ右の少し大きな個体は亜種:アカアシアジサシであろう。周囲はコアジサシ。



HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2017 woodpecker.me