マナヅル

White-naped Crane
Grus vipio

■分布:ロシアのハンガ湖周辺、アムール川流域、中国東北部で繁殖し、朝鮮半島南部、中国長江流域で越冬する。
 日本では鹿児島県出水平野で2000羽、高知県中村市で十数羽が越冬。他ではまれ。
■生息場所:水田、畑、湿地。
■九州で見られる時期:
  @AB4・・・・・10JK

探鳥記
■2015-1-29 出水平野
 間もなく雨が降り出す曇り空だったので、このような白黒のコントラストの高い被写体でもNikon 1/V3は破たんしなかったが、少しマイナスの露出補正をかけるべきであった。

■2010-12-4
 <毎日.jpウェブ・ニュース>
  △ナベヅル・・・1万998羽
  △マナヅル・・・・1176羽

  △クロヅル・・・・・9羽
  △カナダヅル・・・・7羽
  △ナベクロヅル・・・2羽。   

■2010-11-19
 9000羽のナベヅル・マナヅルの群れに圧倒された。ナベヅルの次に多いそうであるが、これら2種類で99%以上を占める。

主要更新
◇'10-11-29:本欄新設
■2015-1-29  (鹿児島県・出水平野) <1Nikkor70-300/V3(810mm相当> 削減なし。


■2010-11-21 (鹿児島県・出水平野) <Pentax DA☆300/AF1.7X/K-5(765mm相当)> 削減なし。



標準的な四羽から一羽欠けている三羽の家族もかなり多く見られた。

■2010-11-20 (出水平野/鹿児島県) <Pentax DA☆300/AF1.7X/K-5(765mm相当)> 削減なし。
ツルは一回に2個の卵を産む。したがってここのいる4羽のグループが標準的な一家族。

■2010-11-19 (出水平野/鹿児島県) <Pentax DA☆300/AF1.7X/K-5(765mm相当)> 削減なし。



HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me