マミジロキビタキ

Yellow-rumped Flycatcher
Ficedula zanthopygia

■分布:モンゴル東部、アムール、ウスリー、中国北部および中部、朝鮮半島で繁殖し、インドシナ北部、マレー半島、スマトラ、ジャバで越冬する。
 日本では少ない旅鳥として北海道、本州、九州、南西諸島で記録がある。日本海側での記録が多い。
■生息場所:平地から山地の落葉広葉樹林。
■見られる時期:
  ・・・CD・・・・I・・

探鳥記
■2022-5-10 飛島
 第八回目となる今回の飛島訪問の第一目標は本種であり、第二はコウライウグイスとしていた。

 着いたその日の午後出会ったバーダーにヘリポート周辺にいることを教えられ、飛んで行った。小さな野鳥としては かなり遠くからの撮影となったが何回か撮影できた。

 しかし、枝被り、葉被りで全身を現した場面がほとんどなかったのが残念であるが、出遇っただけでも望外の好運である。翌日には渡去して姿は消えた。

 毎年いつどこに来るかもわからない種に、たった30分ほど接点があったことになる。これ以上の幸運はないともいえよう。

主要更新
◇'22-5-17:本欄新設
■2022-5-10 (飛島) 快晴 (M.Zuiko340/1.4X/OM-1(840mm相当)) 面積1/12に削減。











Copyright © woodpecker.me