モズ

Bull-headed Shrike
Lanius bucephalus

■分布:サハリン、ウスリー、中国北東部、 朝鮮半島、中国甘粛省で繁殖し、北方のものは冬季南方へ移動する。
 日本ではほぼ全国で繁殖するが、積雪地のものは冬に暖地に移動する。
■生息場所:平地から山地の公園、明るい林、林縁、農耕地。
■本州中部で見られる時期:
  @ABCDEFGHIJK

探鳥記
■2017-12-7 狭山湖
 Fujinon100-400mmの初撮りがあまり満足できなかったので、習熟をかねて狭山湖を訪ねた。

■2017-12-6 八王子市
 昨日入手したFujinon100-400mmの初撮りである。多少甘めな気がするがさらに多くの場数を踏む必要がある。

■2012-10-9 多摩川・秋川合流点
 初めてRX100デジスコのフィールドテストを行った。換算3000mm相当から1080mm相当までほぼ均質な画像が得られ、今までに試した中で最も優れたシステムであることを確認した。

■2011-1-12
 初めてデジボーグを使った。1300mm相当なので、ブレとピントにはシビアである。

■2010-3-10
 モズは小さな猛禽とよばれ、ときには自分より大きなシロハラさえ襲うそうである。「モズのはやにえ」といって、昆虫や蛙をとがった枝に刺すのでも有名だ。
 英名の「Bull-headed」は「雄牛の頭」であり、体の割に異常に大きな頭が特徴である。そのなりから「孤高のハンター」を想像させ、私の好きな鳥の一つである。

主要更新
◇'10-3-10: 本欄新設
■2017-12-7  (狭山湖) 快晴  <Fujinon100-400/XF1.4X/X-T2(840mm相当)>  面積で1/3に削減。


■2017-1-18 (あきる野市) 快晴  <Tamron150-600G2/D500(900mm相当)> 面積で1/4に削減。


■2013-2-24 (さいたま緑の森博物館)  <Nikkor540/TC14E/D7000(1050mm相当)> 面積1/8に削減。


 ♀ ■2013-1-29 (北本自然観察公園/埼玉県) 晴れ <Nikkor540/TC14E/D7000(1050mm相当)> 面積2/3に削減。

最も印象に残った写真、森山大道の「野良犬」を思いだす。

 ♀ ■2012-12-19  (酒匂川下流/神奈川県) <Nikkor540/TC14E/D7000(1050mm相当)>  面積2/3に削減。


■2012-2-12  (相模川/厚木市)  <Nikkor540/TC14E/D7000(1050mm相当)> 面積2/3に削減。


 ♂  ■2010-3-5  (葛西臨海公園)  <Pentax A☆600mm/A1.4X-L /K-x(1285mm相当)>  面積2/3に削減。


 ♀ ■2010-1-26  (荒川流域)  <Pentax A☆600mm/A1.4X-L /K-x(1285mm相当)>  面積2/3に削減。


HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2017 woodpecker.me