タシギ

Common Snipe
Gallinago gallinago

■分布:ユーラシア大陸北部、北アメリカ北部で繁殖し、ヨーロッパ、アフリカ、中東、インド、東南アジア、北アメリカ南部で越冬。
 日本には旅鳥または冬鳥として飛来。日本全国で記録されている。
■生息場所:水田、湿地、湖沼 畔、川岸。
■本州中部で見られる時期:
  @ABC5・・8HIJK

探鳥記
■2018-1-31 横浜市舞岡公園
 今冬は特別寒く、数日前に振った雪がまだ溶けていない。

■2015-1-29 出水市
 ツルを見に来た。水の少したまった田んぼでタゲリを撮っていると、より近くにこれがいることに気が付いた。タシギはじっとしていれば見つからないとでも思っているのか、他の野鳥だったら逃げる距離でも留まっていることが多い。

■2014-9-8 平塚市
 タマシギの出を待っている時に遠方の空を飛んだ。家に帰り画像を拡大してタシギと識別できた。

 タシギを含むジシギ類は丸っこい体から想像するよりずっと素早い飛び方をする。「オオソリハシシギの11,000km無着陸飛行」に示されるようにタフな渡りのをするのかもしれない。

■2012-1-29 横浜市舞岡公園
 1年ぶりに来てみたが、その際撮ったヤマシギ、タシギ、クイナに再び遇えた。遇えなかった主な鳥はコジュケイである。

■2011-2-7 横浜市舞岡公園
 この個体の周りには数人のカメラマンが2,3メートルの距離で取り囲んでいる。その中で悠々と餌をついばんでいる。まるで手乗りの小鳥のような振る舞いである。よほど慣れているとみえる。

■2010-11-21 出水平野
 ハマシギを撮影していたら、偶然目に飛び込んできた。普通種なのにいままで遇ったことがなかったのでことさらうれしい。

主要更新
◇'10-11-24:本欄新設
■2018-1-31 (横浜市舞岡公園) 晴れ <Tamron150-600G2/D500(900mm相当)>  面積削減、上から、無し、2/3x2。




■2015-1-29  (鹿児島県・出水平野) <1Nikkor70-300/V3(810mm相当> 面積1/4に削減。


■2014-11-3 (稲敷市)  <Nikkor540/TC14E/D7100(1050mm相当)> 面積1/12に削減。


■2013-1-31 (横浜市舞岡公園) 晴れ <Nikkor540/TC14E/D7000(1050mm相当)>  面積2/3に削減。


■2012-9-12 (稲敷市/茨城県)  <Nikkor540/TC14E/D7000(1050mm相当)>  面積1/4に削減。



■2011-2-7 (横浜市舞岡公園) <Pentax DA☆300/K-5(460mm相当)> 削減なし。
   <Pentax DA☆300/AF1.7X/K-5(765mm相当)> 削減なし。

■2010-11-21 (鹿児島県・出水平野) <Pentax DA☆300/AF1.7X/K-5(765mm相当)>  面積で1/3に削減。

HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me