キンクロハジロ

Tufted Duck
Aythya fuligula

■分布:ユーラシア大陸北部で繁殖し、ヨーロッパ、北アフリカ、中近東、インド、東南アジア、中国東部で越冬。
 日本では少数が北海道で繁殖するが、大部分は冬鳥として渡来し、全国で越冬する。
■生息地:湖沼、河川。内湾や港内にいることもある。
■本州中部で見られる時期:
  @AB・・・・・・IJK

探鳥記
■2018-11-15 狭山湖
 556PF+J5のフィールドテストのため訪れた。換算焦点距離で2300mmである。結果はほぼ満足のいくものだった。

■2010-4-3
 キンクロハジロという名を始めて知ったとき、なんてけったいな名だと思った。珍妙な名前にかかわらず沢山見かける。
 漢字で表すと"金黒羽白"なので、特徴的な色彩を表していることが分かる。金色の目、上面が黒く下面が白い羽とすれば納得がいく。

主要更新
◇'10-4-3 :本欄新設
■2022-3-3 (羽村堰) (M.Zuiko150-400/E-M1X(800mm相当)) 面積1/4に削減。


■2022-2-11 (羽村市) (M.Zuiko100-400/E-M1V(800mm相当)) 面積1/6に削減。


■2018-11-15 (狭山湖) (Nik556PF/1.7X/J5(2300mm相当)) 面積2/3に削減。


■2013-2-20 (東京都市公園) 晴れ (Nik540/1.4X/D7000(10590mm相当)) 面積削減:上から1/6、1/4。




■2011-2-21 (井の頭公園/武蔵野市) (PenDA☆300/1.7X/K-5(765mm相当)) 面積削減無し。




■2010-2-7 (西湖、山梨県) (PenA☆600mm / K-7(920mm相当)) 面積削減:上から1/2,1/4。




Copyright © woodpecker.me